1/14/2018

KeitaroTamura (@KeitaroTamura) 22:10 - 2018年1月12日

Le Makeup ~ Years



第四回ひかりのエクスプロジョンが終わって岡崎から大阪へ帰る車の中、伊勢湾岸道から太平洋を眺めながら井入君が「海の向こうに国があるってすごくないですか」って言ってたんだけど、その言葉に井入君のすべてが表れてる気がしてめちゃくちゃ感動した。
嘘みたいな話だけど、地球の内からは水とかマグマが湧き出ていて、見えない向こうにも世界があって、空の上には宇宙があって、全部は繋がってる。すごいよね。

去年の2月のFalusで、2017年は暖かい音が来るって言ってたル・メイキャップこと井入君の去年の大活躍はご存知の方も多いと思いますので省略します。
で、2018年一発目のライブ、どうしても我慢できないくらいかっこいい曲があって、申し訳ない気持ちを押し殺してライブ中にこれ何の曲?って聞いてみたら、「一番新しい曲です」だってさ。それがこれ。
きっと井入君が一番よく知ってると思うけど、ただこのまま自分の信じる道をまっすぐ進んいけばいい。それが一番難しいのかもしれないけどね。でも、やるべきことはそれだけだよ。素直に。正直に。



告知:2月2日に私が新しく始めたスペース「ペフ」で井入君といろんなピクルスを作る会をします。

井入君曰く、作ったことないけど今年の夏はピクルスが来る!とのこと。
夏を前にみんなで簡単ピクルス作りにチャレンジしてみませんか。

開始時刻は17時頃を予定しています。参加は自由料金制。
瓶・お酢などはこちらで準備いたします。ピクルスにしたい食材をご持参のうえ、ぜひお気軽にご来館ください。



https://lemakup.tumblr.com/

1/09/2018

woopheadclrms ~ hi, me

2016年にfri珍さんと知り合って、愛知県岡崎市のイベントスペース「ひかりのラウンジ」で「ひかりのエクスプロージョン」ってイベントを企画させてもらうようになり、2017年は3回岡崎に行った。

一回諸事情あって欠席しちゃったんだけど、初回はお客さん5人くらい?、そこから少しずつだけど着実に集客を増やして、先日開催した第4回で初の10人越え。まだまだfri珍さんは赤字だろうけど、ネット上のつながりは着実に広がっている気がする。これからは愛知でどう認知させていくかが課題です。

正直、愛知の中心から離れた岡崎という街で、カルチャースペースを運営することなんてほぼ不可能だと思う。まず若者がいないし、若者に限らず人が少ない。そんなところでこんな尖ったイベントばかり続けるfri珍さんと、どうにか協力したい俺にとって、一番でかい存在はウープなのかもしれないな。

エクスプロージョンの初回に初めて会ったウープとfri珍さんは完全に意気投合して、いまじゃほんとに親子みたいで、こないだみんなで飲んでるとき、「今年はひかりのラウンジにそそぐ」ってあんなに熱くなったウープ見たらもう、、泣きそうになったよ。ウープはほんとにいいやつ。最高だ。

この動画は、先日開催した 「第四回ひかりのエクスプロージョン」のためにウープが作ってくれた動画です。
最近のウープのツイート見てて、たぶんなんかやってくれると思って、VJやってみない?って誘ったらちょうどやりたいって思ってたみたいで、2時間でサッと作ったらしい。

ウープとはいつもケンジ君の話になるんだけど、俺たちはケンジ君みたいに自分の生活をそのままに表現したものだけを見たいと思ってる。
想いで100景は、そんな普遍性を持った名作だと思うし、やっぱりケンジ君が日本で一番かっこいいっていつもながらにまた感動しました。

先日の打ち上げで、「俺は音楽家になりたい」って強く語ったウープの無音の映像は、無音でもちゃんと音楽だし、ケンジ君にも負けないくらいにありのままの表現だと思う。
もしかしたら今年のウープは去年に比べたら評価は低いかもしれないけど、ケンジ君の想いで100景みたいに、数年後に振り返った時その価値がわかるようなとんでもないことをやってくれる気がする。

 

ひかりのラウンジとナイスショップスーの共催イベント「ひかりのエクスプロージョン」

次回は4月7日(土)岡崎城の能楽堂で、第五回スペシャル公演を開催します。


ぜひ遠方からでもこの日のために来てほしい。特にSim読んでる方は絶対。
fri珍さんとウープと俺が、今やりたいことを全力でやります。





Y.Ohashi ~ Verwandlung

去年、H. TakahashiさんとY.Ohashiさんのコンサートを見に行った後、遊びに来ていたShintaro Matsuoさんと大橋君と一緒に品川駅まで歩いて帰った。
大橋君の好きな童謡の話とか、パフォーマンスに使ったサイコロの話とか、(もちろんケンジ君の話も。)たわいもない話をしながら途中高層ビルの中を寄り道したりゆっくり歩いた。
正直、何の話をしたんだかちゃんとは覚えていないんだけど、食肉市場の前からトラックの中にいる牛をみんなで眺めたこととか、寄り道したビルの遊歩道から見えた庭園とか、素敵な瞬間は一生忘れないと思う。

余談だけど、大橋君と松尾さんはそれから時々一緒に図書館に行くらしい。
特に話をするわけでもなく、二人並んで本を読むんだって。俺も加わりたいけど、なんかいっぱい話しちゃいそうだからやめたほうがいいかな笑