7/02/2017

"What Remains of Efith Finch" by Giant Sparrow


Giant Sparrowが手がけるアドベンチャー『What Remains of Edith Finch』にて。行方不明になったミルトンのストーリーで、彼が絵を描いていたお城(塔)を訪れた際に敬愛する『The Unfinished Swan』の音楽が流れてきたときには何とも言えない感動があった。『The Unfinished Swan』は実はミルトンによる物語だったわけで、『What Remains of Edith Finch』ではメタ的に描かれている。いわゆるイースター・エッグだ。ミルトンは魔法のペンで描いた扉の向こう側消えてしまい、そこで彼は白い世界を創造する。そこで私も目撃した城であるとか、カエルの絵だとか、黄色や黒色のペンキだとか、それらがミルトンの部屋にあって、ここまで美しいメタ表現はなかなかないな、とも。

『The Unfinished Swan』がどれほど素晴らしいかを言葉にするのは難しいが、とにかくあの体験は今までに無いものだったし、あそこに広がっていた清らかな、透明な色はどうにかして手にしたい。そういえば2015年にリリースした『Gargoyle』にはこの作品が好きすぎて、OSTをスクリューしリバーブをかけたものをループしただけの音源を「Black Swan」として収録した。タイトルからして元ネタありきとして。

Giant Sparrowはとにかくミルトン同様に世界の創造に長けすぎている。案の定、今回のフィンチ家にも深く惹き込まれてしまった。先のミルトンからルイスのストーリーへの流れは完璧だったし、今もルイスが妄想した世界に流れていた音楽が忘れられない。

どんどんと人が死んでいくのに奇妙にもそれが美しかったりするのは『Inside』も同じかもしれないが、あれはSFやディストピア趣味であって、こちらはどちらかというとエドワード・ゴーリーのイズムに通じるものがある。悍ましく、儚く、美しく、奇妙な「死」たち。あぁ、しばらく頭を離れそうにないな。

7/01/2017

'splashing' *reissue* by +you (Wasabi Tapes)

@exilevevoがシェアした投稿 -
今年は梅雨入りを告げる朝のニュースからも雨はさほど降らず、天気予報の当たらなさに苛立ちを覚えながら、まぁ、晴れだからいいかと折りたたみ傘を鞄に仕舞うことが多い。たしかに多湿で嫌な汗もかくが、初夏の匂いも日に大きくなってきた。「7月1日」、幼少期には特別だった、夏の始まりを告げるこの日付も、社会人になってからは特に響くものもなく、この季節の到来が年々と早くなっていくなぁ、と、1年の体感がどんどんと短くなり、若者でなくなる現実にふと死にたくなるときがある。毎年のように引っ張り出す『Endless Summer』も、鑑賞する『時をかける少女』や『エンドレスエイト』も、昼間にやっている甲子園も、本当に死にたくなる。しかし、夏は相変わらず好きだ。この季節による「死にたさ」はどうも癖になってしまっているし。ということで、昨年の夏、私の作品をいろいろと扱ってくれているオンライン・ストアtomentosaが手がけるレーベルbranch tapesより、+youの『splashing』をカセットで20部ほどリリースしたのだが、それのリイシューとして1年後の夏である今年のいまの時期にWasabi Tapesにて公開した。このアルバムは台湾旅行でのフィールド・レコーディングを使用した音源で、個人的にもお気に入り。さて、今年も夏が始まるね。楽しくて死にたい夏にしよう。



6/25/2017

JZ ~ Persimmon



Manuel DeLanda ~ Anonymous Multitudes



'In The Country of Last Things' by op​!​w


「アートが勝手に育つ農園」というコンセプトを持って立ち上げられたウェブサイトFxAxRxMから2016年にbroken recorderという素晴らしいフリーダウンロードアルバムをリリースした、自身の無垢な想いや発見をシンプルにとどめたような素朴なメモのような音楽・美術作品を制作するcy fan。そのサブ・プロジェクト的立ち位置にある音楽プロジェクトが今回紹介するop​!​w。
(ちなみに私は、先日発見したサウンドクラウドアカウントでこのプロジェクトの存在を知ったのですが、友人によると3年ほど前にもこの名義は存在したそうで、今作がこのプロジェクトの初作品というわけではないようです。)
無機質な音の響きを直感的に形にしたようなcy fan名義の音楽に比べ、op​!​w名義のこのアルバムはより感情的で、特別な思い出や大切な物事を音という形で作品の中に詰め込んだような、儚く愛おしいメロディが心を打つ美しい作品です。

「これらは最後の物たちです、と彼女は書いていた」
と始まる同タイトルの小説(ポール・オースター著「最後の物たちの国で」)や、今作で描かれている物語についてを私はほとんど何も知らないのですが、このアルバムの中で描かれた風景はそんな私の中にも当たり前に存在し、これまでに自分の身に起きた様々な出来事はすべて特別で大切な出来事だったことを実感させてくれました。
「昨日ここにあったものが、今日はなくなっている。今日はたしかにいたひとが、明日にはいなくなる。」唐突に幕を下ろすside - bののちに始まる静寂が、この作品の出発点なのかもしれません。